Insert title here

太陽光発電

光熱費を節約

太陽光発電では、太陽が出ている時間帯にたくさん発電し、効率的に家庭内の電気として利用します。そして、余った電気は電力会社に売ることができます。2011年4月以降、新規ご契約の売電価格は42円/kWhとなっていて、オトクになります。発電ができない夜間は電力会社から約1/3の料金で電力を購入(従量電灯契約と時間帯別電灯契約を比較した場合。詳しくは弊社担当までお問い合わせください)。「売るときは高く、買う時は安く。」太陽光発電のこのシステムをうまく利用すれば、光熱費を大きく節約することができます。

買取制度についての詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。

電気買い取りポータルサイトへ住宅用太陽光発電の新たな買取制度
資源エネルギー庁再生可能エネルギー推進室が運営する買取制度に関するポータルサイトです。

オール電化との組み合わせで、さらにオトク!

IHクッキングヒーターやエコキュートの導入により、石油やガスを使わないオール電化住宅が完成すると、さらに割引となる料金制度があります(各電力会社でオール電化専用の電気料金プランを実施しています。詳しくは弊社担当までお問い合わせください。)。特に太陽光を利用する太陽光発電システムと、太陽光に暖められた大気の熱を利用してお湯を沸かすエコキュート。太陽の恵みを余すところなく活用するこの2つのシステム「ツインソーラー」はいま注目を集めています。
オール電化との組み合わせ

ご家庭で使用する電気の大部分がまかなえます。

太陽の光エネルギーを電気に変換。その場で優先的に使うことができるソーラー発電。昼間太陽がサンサンと照っている間は、このシステムでテレビや冷蔵庫、エアコンなどの電化製品を動かせます。使っている電力量よりも、発電している電力量が多ければ、その間の電気代は基本的には無料です。


エコに貢献

クリーンなシステム太陽光発電は発電時にCO2を発生しません。太陽光発電を導入するご家庭が増えていくことは、CO2排出量の抑制にも役立ちます。さらに太陽光発電とオール電化を組み合わせれば、CO2の排出ををもっとたくさん抑制できます。太陽光発電は地球の環境保護に大きく貢献するシステムです。

太陽光は無尽蔵のクリーンなエネルギー

私たちの生活水準が向上するにつれて、エネルギー消費量は増え続けています。このままのペースでエネルギー消費が進むと、石油が約40年、天然ガスも約60年で枯渇すると予測されています。 太陽光エネルギーは「人類が1年間に消費するエネルギー量を、わずか1時間分の照射でまかなう」ほど強大で無限なエネルギーです。地球上に等しく届く、地域偏在の少ない再生可能エネルギーです。


補助金制度が充実しています

国が低炭素社会の実現に向けて行っている補助金制度。太陽光発電システム設置に対してのサポートです。補助金は1kWあたり4.8万円。家計の力強い味方になってくれます。

国の補助金制度

以下の3点を満たす方が、補助金の支給対象となります。

住居として使用(店舗、事務所等との兼用は可)する建物に、

  1. 太陽光発電システムを新たに設置する個人または法人(個人事業主を含む)に限ります
  2. 太陽光発電システムの購入者
  3. 電灯契約をしている契約者本人

お申込に関する詳しい情報は下記ウェブサイトをご確認ください。
太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)
http://www.j-pec.or.jp/

太陽生活ドットコム 補助金サーチ

以下の検索窓にお住まいの地域の郵便番号を入力して「Check」をクリックしてください。「太陽生活ドットコム」の「補助金サーチ」(外部サイト)で、国、都道府県、市区町村からそれぞれ受けられる補助金の金額を簡単に検索、確認できます。


このページのトップへ